最初に嫌われる事で自分のイメージを最大限に落としてから出会いに持ち込む高度なナンパ手法!

MENU

最初に「嫌われる」高度なツーショットダイヤル出会いテクニック!

私は昔から合コンに誘われる事が多い環境で育って来ました。合コンに参加した回数は余裕で100回は超えています。

 

その中で、私は何人かの

合コンの王様や女王

達の凄まじいモテ具合を目の辺りにしてきました。彼らや彼女達は合コンに参加すれば、確実に他の参加者を差し置いてお持ち帰りしますし、女王は一番のイケメンにお持ち帰りさせるのです・・・

 

自分のイメージを落としてから出会いに繋げるナンパ

 

何が自分と違うんだ?

 

私は考え続け、彼等の合コン中の様子をじっくりと観察して来ました。そして、終に彼らの共通点を発見したんです。

 

その本質は

同姓に嫌われる性格を剥き出しにする

です。

 

とにかく、王様や女王というのは激しく同姓に嫌われるような言動をする事が多いんですよね。男性なら、自分の仲間や友人であるにも関わらず平気で合コンの場で相手の立場を見下すような発言を連発する・・・

 

女性の場合は、明らかに日常とは別の自分を作り上げ

ぶりっこ、甘えキャラ、ひ弱な自分

を容赦無く前面に打ち出して行きます・・・

 

ハッキリ行って初対面で男女が意気投合するような出会いの場ではこの手の男女が確実にモテます。「自分を良い人に見せたい!」なんてのは合コンでは絶対にやってはいけない非モテ男女の発想になってしまうのですから。

 

さて、この合コンの王様や女王の異性を引き付けるテクニックですが、私はこれを改良してツーショットダイヤルにも使えないか?と感じ、直ぐに試行錯誤してみました。その過程で辿り着いたのが今回のツーショット出会いテクニックです。

 

では、基本的な戦略を初めにお話しましょう。

 

ツーショットダイヤルは合コンと同様に、基本的には初対面の男女が繋がり出会いに繋げて行きます。ですから、合コンでモテる「良い人にならない」という点を頭に叩き込みたい。

 

しかし、合コンとツーショットダイヤルはリアルな場と電話での会話という大きな違いがあります。その点を考慮して改良した手法が

最初に自分のイメージを相手に悪く持たせる

事です。

 

私が試行錯誤した結果、これが一番女性との出会いに繋がりやすい結果となりました。

 

とにかくツーショットダイヤル番組で女性に電話が繋がったら、初めのうちは「ぶっきらぼう」な態度で女性と接するのがポイント。但し、挨拶や受け答えなどは基本的にはキッチリとするのがコツになります。

 

更に重要なのが、相手に嫌われると言っても

拒絶される寸前の所でフォローを入れる事

これが大切なポイントになります。

 

感覚的には自分のイメージを落とした段階で相手のリアクションを確認し、これ以上イメージを悪くさせたら電話を切られるというタイミングで、逆に相手に好イメージを抱かせる会話を挟むのが極めて効果的なのです。

 

このような会話を繰り返して行くと、とにかく会話が繋がるんですよね。そして、相手の女性から「この人って掴み所がないけれど何だか魅力的に感じてしまう」というイメージを持たせる事が可能になります。

 

この感情は極めて男女の仲に発展しやすい!私の感覚ではピッタリと会話がハマれば

10人中8人はセックス込みの出会い

まで持ち込めるイメージです。

 

ハッキリ言ってこのツーショットナンパ手法は難しい!しかし、意図的に会話をコントロール出来るようになれば短期間で100人斬りも夢ではないテクニックになりますので、是非とも時間を掛けて実践してコツを掴んで行ってみて欲しいと思います。

 


PAGE TOP