ツーショットダイヤルでの出会いは基本的にエロ目的の男女が多いが真面目な恋愛もできない訳ではない!

MENU

ツーショット番組全体の1割程度いる「真面目な出会い」を求める女達の存在

ツーショットダイヤル番組の多くは日本が80年代から90年代に掛けて流行ったテレクラブームの流れを色濃く受けています。

 

ツーショット番組全体の1割の女性に注目するべき

 

そのせいなのか、出会い目的の男女の殆どが基本的にはエロい目的を持って異性を探している人が圧倒的に多いのが特徴的。

 

具体的には

セフレ募集、ワンナイトラブ、浮気や不倫、大人の割り切った関係、愛人募集、援助交際

などが該当する。

 

そして、2016年現在のツーショットダイヤルを利用する人々の目的はかなり多様化して行っています。

 

上記のようなエロい出会い目的の他にも

テレフォンセックス、雑談相手探し、趣味友達探し、暇つぶし

などが挙げられる。

 

今回は多様化するツーショットダイヤルでの目的の中でも、音声通話のみで完結する関係を除いた出会い目的の利用方法について少し深い話をしたいと思います。

 

冒頭ではツーショットダイヤルで出会いを求める男女の殆どがエロい目的を前提とした出会いを求めていると書きました。

 

これに関しては紛れもない事実であり、私の感覚から言えば出会い目的の

男女全体の9割はエロ目的の出会いを探しているのでは?

と感じます。

 

従って、ツーショットダイヤルを利用する上で真面目な恋愛や結婚相手を探すなんてのは極めて無謀とも言える状況だと考えるのが自然・・・

 

しかし!この数字は見方を変えると全く違う世界が見えてくるのも事実なのです。ある意味で真面目な恋人探しや婚活にも十分に地用価値が高い番組という側面が見えてくるのです。

 

理由は上記で述べた9割という数字という数字です。簡単に言えば男100人、女100人のツーショットユーザーがいたとしたら、男女それぞれ90人はエロ目的の出会いを探している事になる。

 

しかし、残りの男女10人ずつは

エロ目的ではない真面目な出会い

を求めているのである。

 

私はこの僅かな確率にこそに素晴らしい出会いのチャンスが潜んでいると考えるべきだと思っています。

 

エロ出会い目的の女とそうでない女

 

出会い目的でツーショットダイヤルを利用している人々はその目的が真っ二つに分かれる。

 

女性と電話が繋がりある程度の会話してその女性がエロ目的の出会いに興味がないと分かれば、消去法的に彼氏や結婚相手を探していると予測できる。

 

実は、この真面目な出会いを探している女性と言うのはツーショットダイヤル番組においては、多くの男性から

空気のように扱われている現状

があります。

 

何故なら、現状のツーショットダイヤルは基本的にアダルト色の強い広告が男性向けに番組コンセプトとして宣伝されている。

 

その宣伝を見た男性ユーザーの殆どはエロ目的でツーショットダイヤルを使うのは明らか。

 

しかし、ツーショットダイヤルは女性向けにも広告展開が行われている。この広告というのは実は男性向けに比べてかなりソフト路線で宣伝されているのだ。

 

つまり、男性は極端にエロ目的で番組を利用するが、女性はそこまでエロ目的に一極集中していない。エロ目的の男性が真面目な出会い目的の女性と繋がった場合にお互いの目的がマッチングすることはまずない。

 

どういう現象が起きるだろうか?

 

ずばり!真面目な出会いを求める女性達が極端に

ツーショットダイヤル番組では余ってしまう

のだ。

 

隙間産業的な出会いのチャンスが現状のツーショットダイヤルでは放置されている。

 

全体の1割程度しかいない真面目な出会いを求める女性達の存在だが、彼女達を放置して他の男達とのライバル争いばかりに飛び込むのはどう考えても非効率的な動きに私は見えてしまう・・・

 


PAGE TOP