2016年9月時点でツーショット番組でのテレHは最強のセフレ量産ツール!

MENU

現状のツーショットでは「テレHは最強のセフレツール」です!

 

テレHが上手ければセフレは自然に量産可能です

 

当サイトのメインテーマでもあるテレHですが、2016年現在のツーショットダイヤルの盛り上がりを見る限りでは

「最強のセフレ量産ツールである」

と言わざるを得ません。

 

私は、ここ2年間のツーショットダイヤル利用において約100人ものセフレを確保しました。

 

一見、少ないと思われる方もいるかもしれませんが、私はセフレの定義として同じ女と最低5回はセックスしないとセフレとしてカウントしませんので、なかなかの成績だとは思いませんか?

 

だってセフレだけで最低でも年間250回はセックスしてるんですから・・・ダブルヘッダー、トリプルヘッダーなんて余裕である感じですからね(笑)

 

このように夢のような性生活を送っている私ですが、ツーショットダイヤルでのナンパ方法に関して普通の人とはかなり異なる考え方を持っている筈です。

 

何故なら、私はツーショットダイヤルを利用すとき必ずターゲット女性と

テレHを楽しんでから最終的にセフレ化している

からです。

 

ハッキリ言って、今のツーショットダイヤルではテレHしない男は女性のハートを掴みずらいんです!

 

何故なら、LINEやカカオトークなどの無料通話アプリが出回るようになってから、テレH(テレフォンセックス)を気軽に楽しむ女の子達が急激に増えて、ツーショット番組においても音声通話ならではのテレHを楽しみたいという子が激増したからです。

 

LINEやカカオトークが出回る以前のツーショットダイヤルではテレクラのような「即」を意識したナンパスタイルが一般的でした。もちろん、女性達もそのようなナンパ街をしている子が大多数だった。

 

しかし、2014年辺りからのツーショットダイヤルは明らかに変わったのです。テレHという音声Hが主軸となり、お互いの男女が距離感を縮めながら「マッチング」を行うのが当たり前なのです。

 

だからこそナンパツールとしてテレHプレイは確実に覚えておきたいテクニックだと私断言できるのです。

 

ツーショット番組でのテレHはナンパに欠かせないテクニックなのです

 

また、現状のツーショットダイヤル番組では

テレHが上手い男性ほどセフレを量産できる

環境といっても過言ではありませんからね。

 

各種テレHテクニックは必ず幾つか覚えておくべきです。言葉責め・命令プレイ・指示オナニー・イメージプレイ・SM調教やアブノーマルプレイなどなど・・・当サイトでも様々なテレHテクニックを紹介していますので、是非とも初心者の方は目を通してみて下さい。

 

「テレHのお供に是非!変態イメージプレイの人気ネタをご紹介!」

 

「盗撮や痴漢などの人生を棒に振る性癖は全てイメージプレイで行うべき」

 

そして、女性と気持ち良くテレHが出来たと感じたら、まずは

LINEやカカオトークなどのメッセージングID交換

を狙って行くべきです。

 

セフレというのは出会いの一種でもありますので、相手の女性から信頼を得る作業が必要になってくるからです。

 

まずID交換をして、そこから日常的な会話や共通の趣味や話題などで盛り上がり、プライベートなことを何でも話せる仲になる。このような過程が結果的にセフレゲットに繋がるのです。

 

とにかく、テレHは間違いなく出会いのキッカケとなる重要なツールです。ツーショットダイヤルを利用しているナンパ師さんには必須のナンパツールとなっていますので、是非とも積極的にナンパ手法として取り入れて下さい。

 


PAGE TOP