口調や会話マナーもテレHでは重要なテクニックになります

MENU

ある程度の敬語や社会人としての会話マナーも重要です

今回はテレHプレイにいて、我々男性が女性に対して気を付けたい事を何個か挙げてみたいと思います。

 

まずは口調についてです。ツーショットダイヤルは基本的に毎回新しい女性にランダムに電話が繋がる事が多い。ですから多くが初対面の女の子を相手にする事になります。この状況ですから口調は敬語までは行かなくても、丁寧な喋り方をするのが基本スタンスとなるでしょう。

 

例外としては、明らかにテンションの高い女の子や、丁寧な言葉を嫌う女性についてです。ごくたまに初対面にも関わらず、何故か敬語で話しかけると極端に拒否する子が少なからず存在します。こういった子に対してはいきなりハイテンションな会話とエロモードで接する事も良しとします。

 

例外的な女の子以外に対しては、丁寧と行っても所詮はテレHと言う遊びですから基本的には直ぐにエロモードに移行しても構いません。

 

あくまで、一般人のマナーを守る程度で良いのです。

 

会話のマナーや口調

 

テレHプレイに入ったら無駄な深読みや口調などは特に気を使わないで下さい。ここがテレHプレイのポイントだと思います。やはり、テレHは遊びですので、余計な事を考えるのはストレスが溜まるだけ!その場の雰囲気や女の子をイカせる感覚を心から楽しむのが通な人の使い方だと言えるでしょう。

 

ポイントは女の子の吐息です。吐息と言うのは電話で非常に分かりやすい女の子が感じている判断基準になります。普通の会話をしていても徐々に女の子が濡れて来ると、会話の中に吐息の男が混じり、電話の音声にノイズの様な音が混じってきます。

 

この吐息ノイズが多くなってきたら、テレHプレイも激しくすると効率的に女の子の感情を盛り上げる事が可能になります。

 

まずは、テレHプレイで気を付ける点は最初の口調と社会人としての最低限のマナーです。そのマナーを守りつつ徐々にテレH特有のテクニックや女性を感じさせる判断基準などを身に付けて行きましょう!

 


PAGE TOP