テレHプレイの基本は男から言葉を発する事!強制的に言わせるのはNG行為

MENU

女に言わせるのでは無く自然に「発声してしまう」を意識しよう!

今回はテレH初心者の方が良く勘違いしてしまう音声プレイの注意点と改善方法についてお話したいと思います。

 

テレHに用いられる音声通話テクニックとして代表的なのが言葉責めと命令や指令オナニーと呼ばれるテクニックです。

 

テレHの基本姿勢

 

言葉責めは普段のエッチの時にも使わないような、AVレベルの隠語や卑猥な言葉を女性に電話を介して投げかけ反応を楽しみながら電話Hプレイを盛り上げるという会話テクニックです。

 

そして命令や指令オナニープレイは電話で女の子に指示しながらオナニーをさせる行為です。

 

初心者の方はとにかく強引に言葉責めしたり命令プレイしてしまう人がとにかく多いのです!しかし、残念な事に無理やり言わされた音声プレイで感じる女の子は皆無だと言う現実。このポイントを知らずに初心者の方はツーショットダイヤルで女性に対して汚い言葉を投げかけるだけの言葉のDVに近いプレイで満足している人が実に多いのが最近のツーショットダイヤル番組の現状です。

 

恐らくは、恋人やセフレなどとLINE電話エッチしていたノリをそのままツーショットダイヤルで実践してしまっているのが原因だと思いますが、このノリでのテレHは女性から嫌われるだけですので絶対にやめてもらいたい。

 

まず、頭に入れてもらいたいのがLINEエッチは身内で楽しむテレHの遊び。それに対してツーショットダイヤルは見ず知らずの他人の女性と電話が繋がりテレHを楽しむ場です。つまり知り合いと他人と言う大きな違いが前提としてある訳ですね。

 

ですので最低限のマナーや礼儀があってこそ、お互いに気持ちの良いテレHを楽しむ事が出来るのです。そして重要なのが他人の女性とのテレHを楽しむ場合は「女性に言わせる」と言う感覚を捨ててください。

 

無理やり「どこが感じてるのか言ってごらん?」と相手に具体的な性感帯などを言わせるのはツーショットダイヤル内では単なるセクハラに過ぎません。無理やりでは無く、女性の口から自然に出てくる言葉を楽しむのが紳士的なツーショットダイヤルプレイヤーの腕の見せ所なのですから。

 

改善点としてはまず女性に言わせるのでは無く、自分が女性に対して敬意を持って気持ちを伝えるのです。もし、女性が少しでも喘ぎ声を出してくれたら

 

「今の声、凄い可愛かったよ」と囁き、自分も感じていると言う意思を伝えるべきです。これだけで女性のテレHのムードが一気に高まりますからね。そして徐々に相手がエッチになって行く事を確かめてから本命の言葉責めや命令プレイなどを取り入れて行きましょう。

 

身近な知り合いや彼女と違い、相手はどんな音声プレイを求めているのか分からない状況ですから、手探りで徐々に相手の性感帯やエクスタシーポイントを確かめつつハードなテレHプレイを実践して行くのが効果的なのです。

 


PAGE TOP