急速なテレH需要の高まりとツーショット市場が拡大した理由と未来について

MENU

テレH需要の急激な増加とツーショット人気の高まりの理由と未来について

無料音声通話機能(メッセージングアプリ)の一般化によりテレH市場は急速に拡大しています。

 

テレHの盛り上がりの理由と未来について

 

まずSkypeが流行り「エロイプ」という言葉が若者達の間で定着した。そして、iPhoneが発明され後追いでAndroidスマホが発売されると世の中は一気にガラケーからスマホへと移り変わりました。

 

LINEやカカオトークなどの無料通話アプリが世の中の人々に行き渡るまで、そう長い時間は掛かりませんでした。

 

リアルタイムで気軽にチャットが知り合いや友達と楽しめる気軽さに加え、通信キャリアの存在自体を脅かす

無料電話機能の搭載・・・

こんな便利なツールが無料で使えるのですから爆発的に普及するのは当たり前でもあります。

 

ある意味でスマホにおける重要なインフラ部分を見事に独占したのが、LINEやカカオトークなどのメッセージングアプリ(無料通話アプリ)だと言えるでしょう。

 

当サイトの主題でもあるテレHやツーショットダイヤルですが、上記で述べたメッセージングアプリの存在に強く影響を受けて盛り上がったのは言うまでもありません。

 

LINEやカカオトークは多くの人々の携帯端末における人々の

日常的にな連絡手段を激変

させました。

 

それは、電子メール交換からリアルタイムチャットや無料音声通話へのシフトです。

 

その結果、メール交換が主体だった出会い系サイトの市場シェアが極端に減り始め、代わり直接電話でコミュニケーションできるツーショットダイヤルやLINEやカカオトークでのテレHを楽しむ人が急増しました。

 

2016年現在におけるテレHという大人の遊び

間違いなくバブル状態

だと個人的には確信しています。

 

何故なら、ツーショットダイヤル番組はこれまで新規番組などが登場することはありませんでしたが、ここ数年の間に新規ツーショット番組を運営開始する会社が出始めたからです。

 

更に、現状のツーショットダイヤルは異様な数の新規ユーザー登録があります。特に、LINEやカカオトークをヘビーに使う女性達の登録率はハッキリ言って異常なレベルで急増しています。

 

まあ、流行りには結局反動がありますので現状のツーショットダイヤルブーム及びテレH人気はいずれ落ち着くとは思います。

 

しかし、そのバブルの寿命はもしかするとかなり長期化するかもしれない市場の動きがあります。

 

VR端末とテレHの融合による進化余地

 

それは、ここ最近のテクノロジーの進化スピードと、その進化の内容が極めてテレHと結び付きが強いと感じるからです。

 

その進化の内容とはVR端末です。

これはメガネ型の装置で目の前には高性能な液晶画面が備わっており、バーチャルリアリティを家庭で気軽に再現して経験させてくれる製品です。

 

既に、海外メーカーなどからVR端末はいくつか発売されていますが、日本ではSONYがVRを利用したゲーム機の発売を表明しており、私はこのSONY製のVRこそが、爆発的な革命を起こす起爆剤になると確信しています。

 

私はVRとテレHは相性抜群だと確信しています。目の前に異性の裸体や卑猥な動画を映しながらのテレHプレイは今までの電話オンリーのテレHとは明らかに異なるインパクトを人々に与えるはずです。

 

従来通りの電話を利用したテレHに関してはVRと真逆である想像や妄想の世界が楽しめるので、現状と変わらない人気を保つとは思っていますが、少なからずVRを利用したテレHプレイは

新しいテレHユーザーを生み出してくれる

と思うのです。

 

このような理由から現状のテレHバブルというのは、VR端末が本格的に一般の人々に行き渡り、盛り上がるまでは確実に続くのではと感じています。

 


PAGE TOP