テレHプレイにおいての女性の興奮のバロメーターは喘ぎ声の激しさが示している!

MENU

女の子の「喘ぎ声」はテレHで興奮レベルを知る事が出来るバロメーターです!

ツーショットダイヤルを利用したテレHプレイは基本的に初対面の状態で電話が繋がった女の子と楽しむ事が多い。

 

つまり、赤の他人です

 

しかも、テレHですから卑猥な言葉や直球な下ネタは当たり前の世界。慣れている人からしてみると、そこがツーショットダイヤルの面白い部分でありテレHは赤の他人とプレイするからこそ興奮出来ると言う面があります。

 

女性の興奮のバロメーターは喘ぎ声

 

しかし、初心者の方にとってみればこの状況は正直言って敷居が高いと感じてしまう人もいるでしょう。今回は特にツーショット+テレHの組み合わせにまだ慣れていない初心者の方に向けての女性が興奮している様子や状況の見極め方についてお話したいと思います。

 

まず、初心者の方はテレHプレイにおける女の子の興奮状態がどんな状況であるかを知る必要があります。

 

間違い無く女性の「喘ぎ声」に注目すべきです。もし、相手の女性が喘ぎ声一つ出していない状況なのに、こちらが勝手に盛り上がって「イクッ!イキそうだよっ!」などと身勝手な猿オナニーを展開すれば、間違い無くその女性からは嫌われるでしょう。

 

テレHにおける女性の興奮は間違い無く「喘ぎ声」に現れるのです!

 

初期段階としては、会話している時に徐々に声質が甘くてトロンとした声に変わった時が挙げられます。分かりやすい子などは、雑談の段階ではツンツンして生意気そうな口調だったのに、下ネタやエロ話が始まると急にメス猫にでもなったかのような甘い声質に変化しますからね。

 

次に注目して欲しいのが、スマホや携帯電話のマイクに当たる「吐息」です。この吐息が女性から出始めたら間違い無く相手の女の子は濡れて来ている状況と言えます。

 

ですから、最低でもこの「声質の変化」と「吐息」が出始めた時までは、テレHのヒートアップは控えるのが得策と言えるでしょう。

 

女の子のテレHプレイのピーク時を10とすると、この吐息と声質の変化が現れた時点は3程度と言えます。この3程度に女性を導いた状態で初めてテレHを開始出来ると言うポイントをまずは認識して下さい。

 

そこから先は、喘ぎ声の大きさや喘ぎ声を出す回数を基準として女性の興奮状態をバロメーターとして考えて行きましょう。

 

「アアアッ!気持ち良い!」

 

「アンっ!ヤダッ!凄いっ!」

 

上記のような喘ぎ声でも声の激しさによっては女性の快楽レベルは幅広く存在しますからね。出来るだけ感情的にウルサイと思うくらいが10レベルに近付きます。

 

喘ぎ声の大きさの他にも女性の興奮度を測る方法はあります。それは具体的な単語や卑猥な言葉が出始めた時です。例えば

「クリトリスが凄い敏感になってるうう!」

 

「大きいチンポ欲しいっ!お願い!入れて!」

 

などですね。クリトリスやチンポなど具体的な隠語が出始めたら、女性は非常に感情を剥き出しになっている証拠と言えます。こんな言葉が出始めたら快楽レベルは8~10まで行っていると思って構いません。こちらの興奮次第ではフィニッシュを考え始めても良い段階だと言えるでしょう。

 

テレHは最初は控えめに、クライマックスは出来るだけ激しく!と言うのが理想的な展開です。起承転結を意識して女性の快楽レベルを3から10に持ち上げたタイミングで同時イキ出来るのが最高の展開と言えるでしょう。

 


PAGE TOP